植物と健康

レンズ豆:繊維とビタミンが豊富

レンズ豆:繊維とビタミンが豊富


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

レンティル、必需品。レンズは古くから種子のために栽培されてきました。種子は栄養素、特にタンパク質が非常に豊富です。

また読む:

  • レンズ豆をよく育てる
  • レンズ豆のレシピ

レンズの特性、利点、長所

今年の夏はサラダに使用しましたが、この秋と冬の間はレンズ豆が食事に添えられます。繊維が豊富(100gあたり4g、または毎日の必要量の約15%)、レンズは良好な同化を可能にし、 良い消化。複雑な炭水化物も豊富で、レンズ豆は 興味深いエネルギー源 ゆっくりと拡散します。その高い繊維含有量はそれを作ります 腸の理想的な味方 怠惰。

他の強みの1つレンズ 良質の植物性タンパク質含有量です。したがって、動物性タンパク質をほとんどまたはまったく食べない人は、 レグメ 穀物製品またはナッツを使用すると、完全なタンパク質(すべての必須アミノ酸を含む)を取得できます

貢献 ビタミンBとマグネシウム (100gあたり32mg、1日の必要量の9%)レンズの量も重要です。良好な心拍数を促進し、免疫システムを維持するための資産。

不利益 ?レンズは消化が難しい人もいます。

肉で美味しい

レンズ豆は、調理に関しては、ほとんどのマメ科植物よりも調理時間が短いという利点があります。スープに使われることもある緑や茶色のレンティルに慣れていますが、少し小さいサンゴのレンティル(赤のレンティルと呼ばれることもあります)もあります。

レンズ豆の調理は必要ありません 事前の浸漬はありません。冷水ですばやくすすぎ、3倍の量の冷水を入れた鍋に入れます 無塩。沸騰させ、蓋をして20〜25分間調理します。味わい、水気を切る。

肉(ベール、ポーク、ソーセージ、ハム、ベーコン)との相性も抜群です。シャロット、ベーコン、スパイシーなビネグレットを添えたサラダでそれらを準備するか、素晴らしいスープを作ることを躊躇しないでください。


ビデオ: コレステロールゼロ体に優しいレンズ豆スープのつくり方How to Make Vegan Lentil Soup. VEGGIE DISHES by Peaceful Cuisine (七月 2022).


コメント:

  1. Renke

    私が間違っていないなら、それはここにあります。

  2. Ness

    そんなに悪くない!

  3. Aldrin

    ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます...この質問を回避する方法を見つけることができます。話し合います。

  4. Edgardo

    悪いブログではなく、読んでください - ブックマークに追加し、もっと書く、RSSをフォローします。



メッセージを書く